実話集団ストーカーに加担する悪党警官の実態 〜真面な人間を精神病者に仕立て上げる方法〜[書籍販売]



実話集団ストーカーに加担する悪党警官の実態
~真面な人間を精神病者に仕立て上げる方法~


[近日発売開始]


(実際の表紙デザイン・イラスト Zoey Kai)




集団ストーカー撃退術と悪党警官の実態とは

✅私が行なった集団ストーカー撃退方法は、絶対に他言無用でお願いしたい。貴方が死んであの世に行っても秘密にして欲しいのだ。もし、貴方が約束を破ったら、私は貴方を一生恨みます!。この言葉が、本を使った貴方への脅迫状だと言われても仕方ないと思っている。そして、覚悟がある方だけ、このお話の続きを読んでもらいたい。(第三章 悪党抹殺計画より)

✅日常動作を悪用し相手をノイローゼにする方法

✅真面な人間を精神病者に仕立て上げるには

✅加害者にもかかわらず、被害者になりすまし周囲を誤魔化す方法

✅警察官は聖人君子ではない!悪い奴もいるよ!

✅無知に付け込み市民を脅迫する警察

✅仕返し目的で職権を乱用する悪党警官

✅嘘だろ!警察は納税額で悪党か善人かを決める

✅ど暇警察による市民監視練習の実態




著者プロフィール

玉城健一(たまき・けんいち)。帝国通信社代表(特殊盗聴盗撮GPS発見調査)。1971年、沖縄県生まれ。座右の銘は『悪党には死を』。些細な事から集団ストーカーの餌食にされる。集団ストーカーの手口から室内に盗聴器が仕掛けられていると確信した玉城氏は、独学で盗聴発見調査を学ぶ。

見事、集団ストーカーを撃退した玉城氏だったが、その過程で個人的な恨みから集団ストーカーに加担する悪党警官の存在を知ることになる。彼ら悪党警官は、法を守る立場にもかかわらず数々の犯罪を犯し、表にはでない陰険なやり方で嫌がらせを仕掛けてきたという。

集団ストーカーに対抗するために勉強していた盗聴発見調査が面白くなり、2016年、帝国通信社設立。2020年、盗聴発見調査の本場、アメリカに単身渡米。テネシー州にあるREIトレーニングセンターで、日本人として初めて特殊盗聴盗撮調査の専門教育を受ける。

玉城氏は、集団ストーカー盗聴被害者としての実体験とアメリカで学んだ特殊盗聴発見調査の知識を融合させ、洗練された調査ノウハウを構築している。特殊盗聴発見調査の分野で、玉城氏の右に出る者は国内に存在しないと言われている。


2冊購入で調査費1万円割引

『実話集団ストーカーに加担する悪党警官の実態~真面な人間を精神病者に仕立て上げる方法~』は近日中にアマゾン、このページより販売予定です。印刷本だけで電子書籍はありません。定価(税込)は1760円、ページ数は約170ページです。

正式な販売日が決まり次第、このページで告知します。また、2冊購入で盗聴盗撮GPS発見調査費、セミナー代金から1万円割引きキャンペーンを行います。購入時の領収書を見せてください。この本の販売前に調査依頼、セミナーに参加された方(6/26以降)は、販売開始後に購入後、購入時の領収書を見せてください。1万円キャッシュバックいたします。




お問合せ(メール)





    お問合せ(電話)
    0533-67-0187



    コメント

    コメントを受け付けておりません。