発見困難な特殊盗聴器の種類

✳️デジタル盗聴器(携帯回線使用)


通常の盗聴器は仕掛けた場所から50メートル~100メートルの範囲で待機して、広帯域受信機を使って音を聞きますが、この盗聴器は携帯電話の電波を使用していますので、世界中どこからでも携帯電話で音を聞けます。

電波探知機にもほとんど反応しないので、盗聴器発見業者でも発見するのが非常に難しいです。デジタル電波(3Gまたは4G)なので広帯域受信機で受信しても雑音しか聞こえず、盗聴電波かどうかの判断ができないため盗聴が発覚することはまずありません。

帝国通信社は独自の研究によりデジタル盗聴器の特徴、弱点を完全に把握しています。又、帝国通信社で使用している特殊盗聴発見器(オスカーグリーン)はデジタル盗聴器にも反応し、ディスプレイに表示させることができるので、確実にデジタル盗聴器を発見することができます。帝国通信社主催の盗聴盗撮カメラ発見調査開業セミナーでは、デジタル盗聴器の実物を体験することができます。


✳️電灯線盗聴器

電灯線盗聴器は有線盗聴器の一つです。盗聴した音声は屋内の電線や屋外のトランスを通り、建物内の部屋、近隣の同じトランスを使用した建物で専用受信機を使って聞きます。電灯線盗聴器は通常の受信機では受信することができない上、電波反応もなく、家電の内部や壁、天井の中に仕掛けられる事が多いため発見が非常に難しいです。

電灯線盗聴器を発見するためには、電灯線盗聴器の音声信号を受信することができる特殊盗聴発見器が絶対必要です。特殊盗聴発見器がなければ電灯線盗聴器を発見することはできないでしょう。特殊盗聴発見器は超高額製品のため国内ではほとんど流通しておらず、特殊盗聴発見器を所有しているのは国の調査機関と帝国通信社だけです。

帝国通信社は独自の研究により電灯線盗聴器の特徴、弱点を完全に把握しています。又、帝国通信社で使用している特殊盗聴発見器(オスカーグリーン)は、FBI、CIA、アメリカ国防総省(ペンタゴン)などでも採用されていて、電灯線盗聴器にも反応し音声も聞くことできるので、確実に電灯線盗聴器を発見することができます。

帝国通信社主催の盗聴盗撮カメラ発見調査開業セミナーでは、電灯線盗聴器の実物を体験することができます。


✳️可視光線盗聴器

可視光線盗聴器は無線式ですが、電波ではなく電灯の光を利用して盗聴音を送信します。盗聴音の受信には可視光線受信機が必要です。可視光線盗聴器は通常の受信機では受信することができない上、電波反応がないので、通常の盗聴発見器を使用している盗聴器発見業者が調査しても、絶対発見できないでしょう。

可視光線盗聴器を発見するためには、可視光線盗聴器の音声信号を受信することができる特殊盗聴発見器が絶対必要です。特殊盗聴発見器はなければ可視光線盗聴器を発見することはできないでしょう。特殊盗聴発見器は超高額製品のため国内ではほとんど流通しておらず、特殊盗聴発見器を所有しているのは国の調査機関と帝国通信社だけです。

帝国通信社は独自の研究により可視光線盗聴器の特徴、弱点を完全に把握しています。又、帝国通信社で使用している特殊盗聴発見器(オスカーグリーン)は、FBI、CIA、アメリカ国防総省(ペンタゴン)などでも採用されていて、可視光線盗聴器にも反応し音声も聞くことできるので、確実に可視光線盗聴器を発見することができます。

帝国通信社主催の盗聴盗撮カメラ発見調査開業セミナーでは、可視光線盗聴器の実物を体験することができます。


✳️同軸ケーブル盗聴器

<特殊盗聴発見器(オスカーグリーン)での同軸ケーブル盗聴調査画面>
同軸ケーブル盗聴器はテレビの同軸ケーブルを利用した盗聴器で、有線と無線の両方を使用し盗聴音を送信します。無線の場合は電波を使用するので、通常の盗聴発見器でも発見可能ですが、有線の場合は特殊盗聴発見器が必要です。

同軸ケーブル盗聴器を発見するためには、同軸ケーブル盗聴器の音声信号を受信することができる特殊盗聴発見器が絶対必要です。特殊盗聴発見器はなければ同軸ケーブル盗聴器を発見することはできないでしょう。特殊盗聴発見器は超高額製品のため国内ではほとんど流通しておらず、特殊盗聴発見器を所有しているのは国の調査機関と帝国通信社だけです。

帝国通信社は独自の研究により同軸ケーブル盗聴器の特徴、弱点を完全に把握しています。又、帝国通信社で使用している特殊盗聴発見器(オスカーグリーン)は、FBI、CIA、アメリカ国防総省(ペンタゴン)などでも採用されていて、同軸ケーブル盗聴器にも反応し音声も聞くことできるので、確実に同軸ケーブル盗聴器を発見することができます。


✳️サブキャリア盗聴器

サブキャリア盗聴器はCIAやKGBなどで多用されている特殊盗聴器です。AMとFMの二重変調で通常の盗聴発見器や受信機では音声を復調して聞くことができません。なので通常型盗聴発見器で発見するのは極めて困難です。

サブキャリア盗聴器を発見するためには、サブキャリア盗聴器の音声信号を受信することができる特殊盗聴発見器が絶対必要です。特殊盗聴発見器はなければサブキャリア盗聴器を発見することはできないでしょう。特殊盗聴発見器は超高額製品のため国内ではほとんど流通しておらず、特殊盗聴発見器を所有しているのは国の調査機関と帝国通信社だけです。

帝国通信社は独自の研究によりサブキャリア盗聴器の特徴、弱点を完全に把握しています。又、帝国通信社で使用している特殊盗聴発見器(オスカーグリーン)は、FBI、CIA、アメリカ国防総省(ペンタゴン)などでも採用されていて、サブキャリア盗聴器にも反応し音声も聞くことできるので、確実にサブキャリア盗聴器を発見することができます。


✳️レーザー盗聴器

レーザー盗聴器は無線式ですが、電波ではなくレーザー光を利用して盗聴音を送信します。盗聴音の受信にはレーザー盗聴器受信機が必要です。レーザー盗聴器は通常の受信機では受信することができない上、電波反応がないので、通常の盗聴発見器を使用している盗聴器発見業者が調査しても相当の確率で発見できないでしょう。

帝国通信社は独自の研究によりレーザー盗聴器の特徴、弱点を完全に把握しています。又、帝国通信社で使用している特殊盗聴発見器(オスカーグリーン)はレーザー盗聴器にも反応し音声も聞くことできるので、確実にレーザー盗聴器を発見することができます。

帝国通信社主催の盗聴盗撮カメラ発見調査開業セミナーでは、レーザー盗聴器の実物を体験することができます。


コメント

コメントを受け付けておりません。